東北大学LoveLive!研究会公式ブログ

東北大学LoveLive!研究会の公式ブログです!ラブライブ!関連のイベントやラブライブ!出身声優のイベントの感想記事、その他考察記事などを投稿したりします。

腹黒系小悪魔系かわいい系スクールアイドル

f:id:tonpeilovelive2017:20191114003632p:plain

中須かすみ

学年 :1年生

誕生日:1月23日

血液型:B型

イメージカラー:パステルイエロー

CV:相良茉優

かわいい

 

 

2019年9月、最強で最高のアイドルゲームであるラブライブ!スクールアイドルフェスティバルオールスターズ(以下スクスタ)がとうとうリリースされました。元々2018年配信予定だったのが延期され、スクスタ後に発表されたぷちぐるが先に終了し、その後の配信予定は2019年『秋』以降配信『予定』と微妙にあやふやでちょっと心配でしたが無事配信されましたね。直前に公開された画像では本来海未ちゃんがいると思われるところにことりちゃんがいたりもしましたが今の所は楽しく遊んでいます。この部誌も僕今をオートプレイで周回しながら書いてます。☆2マカロンをくれ。

 

そんなスクスタですがジャンルはリズムアクションRPGRPGということもあってかストーリー部分にかなり力を入れてるように感じます。また主人公が通っているのは虹ヶ咲学園ということで虹ヶ咲のメンバーの描写も多いです。まだアニメ化もされてないのでスクスタで初めて本格的に虹ヶ咲に触れたという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。推しとかできるかなぁ、みんな可愛いなぁとか悩んでるそこの貴方、中須かすみちゃんなんてどうでしょう?

 

中須かすみちゃんって?

かすみちゃんは虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の1年生であだ名はかすみんです。スクスタで同好会にただ1人残っていた子ですね。かすかすっていうあだ名もあるのですが本人はそう呼ばれるとかすみんって呼ぶよう求めてきます。「かす」っていう部分が気になるのかとも思いましたがそれだとかすみんもそうですよね、何故でしょうか、妄想が捗ります。

かすみんは結構かわいいという部分を押し出してきますが実際可愛いです。他のメンバーの前だろうと惜しげもなく自分が一番かわいいと主張してきますが大抵流されてます。まあそれだけ信頼しているということかもしれませんが。

 

・腹黒い……だけじゃない

そんなかすみんですが虹ヶ咲メンバー1人1人にある○○系スクールアイドルというところでは腹黒系スクールアイドルと紹介されています。将来的に、というか今の時点でそうなんですがライバルを蹴落とす方法とかを考えているんですよね。僕も受験時は絶対周りの人を排除した方が早いって思ってました。問題なのはその程度ですがかすみちゃんは結構ガチです。考えるだけじゃ無くて実行に移します。その手段の1つである「靴にコッペパンを仕込む」や「怪文書を送りつける」はもはやかすみんの代名詞です。まあこれらも軽く流されたり返り討ちにされたりしているんですがそれもまたかわいい。でもコッペパンって想像すると微妙に嫌ですし怪文書も結構怖いですよね。靴に画鋲とかカミソリレターとかよりはマシだと思いますけど。

でもかすみんはただ蹴落とすことを考えてるだけじゃ無いんです。それはあくまで自分が1番になるための手段の1つであり、そのための日々の努力を怠っていないんです。遅くまで残って練習したり、体に傷を作ったりしても。もちろん他のメンバーもめちゃくちゃ頑張ってるんですけどかすみんの努力というのは日頃の言動とのギャップもあるかもしれませんが際立っているように感じます。

 

・ダイアモンド

虹ヶ咲の1stアルバムのTOKIMEKI Runnersには各メンバーのソロ曲が収録されているのですがどの曲もメンバーの個性が大変に表れていると思います。かすみちゃんのソロ曲のタイトルはダイアモンド、歌詞を見てみるといつもの可愛いかすみん、ちょっと腹黒いかすみん、努力家のかすみんが見えてきます。そんなダイアモンドですがサビに「大切な場所、なんだかんだね」という部分があります。かすみん、いろいろ悪巧みしてるけど本当にそれがうまくいってメンバー間が険悪になるのは避けようとしてる節があるんですよね。虹ヶ咲メンバーが電撃、ファミ通スクフェス分室の3つに別れたときはかすみんは電撃の方にいたのですがその時の4コマでは結構他のメンバーを気遣ってる面が見受けられます。僕のお気に入りは第15回、49回、66回です。気になった方は是非。「なんだかんだ」大切な場所というのがよく分かります。

 

・虹ヶ咲について

僕なんかが何か言うのもおこがましいとは思いますが最後のまとめを何にしようか悩んだので虹ヶ咲について。虹ヶ咲はμ’sやAquorsと比べるとマンスリーランキングからも感じるようにソロの要素が強いように感じます。みんなで一丸となって、というよりはお互いが切磋琢磨し合って個々が強くなっていくという風でしょうか。その点で何か違和感を感じてしまう方もいるかもしれませんがこれはこれで各々の個性が滲み出していて面白いです。12月には1stライブ、1月にはフェスもありますしこれを機にいろいろ触れてみたら新しい世界が見えてくるかもしれないよと余計なお世話で締めとさせていただきます。読んでくれた方、ありがとうございました。